砺波市の文化を、デジタルで楽しむウェブサイト。TONAMI DIGITAL ARCHIVES

砺波市の保存樹【屋敷林】(その2) 2014.12.25
福井ふみ宅の屋敷林

指定番号 4

全面にスギ高木が配置され、樹令の高いスギも混成して安定した重量感のある相観をつくる。西面のスギは下枝数mまで枝打ちされ、下層の中低木の成長を促す。ヒサカキ、サザンカ等が多く、スギと競合するようにウラジロガシ、タラヨウが入っている。南面にタケがある。ゆったりしたスギ林の自然形が維持されている。

・指定番号 4
樹種 スギ、ヒサカキ、ウラジロガシ
面積 2,071u
所在地 新明

清原郁夫宅の屋敷林

 防風対策もあり、屋敷林全体が下層から上層までを埋める西面から南面はタケ(モウソウチク)、スギ、ウラジロガシ、ケヤキで構成。東面は庭園造りでカエデ、マツが配されていて、北西面にはトチノキが入る。三角形の形をした屋敷は、開拓史のなごりをとどめ、中小低木の発達した屋敷林をつくる。

・指定番号 5
樹種 タケ、スギ、ウラジロガシ
面積 2,300u
所在地 上中野

藤井洋一宅の屋敷林

 スギ、ウラジロガシを中心にニレ、サワラ等樹種数の多い安定感のある屋敷林。南面からに紙面の中低木にヒサカキ、アセビが厚く成立し、防風、防雪効果を発揮している。前庭にカキノキが多く、北面はスギ生垣が配される。屋敷林面積は中庸で、南面の地盤が高く、樹木の成育にも良好。風にもまれてきた歴史を今に伝える典型としての屋敷林である。

・指定番号 6
樹種 サワラ、ニレ、ウラジロガシ、スギ
面積 1,480u
所在地 上中野

岡本晃一宅の屋敷林

 屋敷林面積4,700u余の広大なもので、南面から西面全体が手入れの行きとどいた庭園となっている。全体の相観はスギ壮令林。林内に小川が流れ沢山の中低木が配され、夏には螢も乱舞する。母屋はスギですっぽり包まれ中低木の庭木との組み合せは、ゆとりみなぎる自然空間を表現。カキノキも多数入っている。

・指定番号 7
樹種 スギ、カキノキ、モチノキ、ヤブツバキ
面積 4,732u
所在地 太郎丸。


【砺波市保存樹等指定委員会『散居のみどり−砺波市の保存樹− 』平成9年より抜粋】

「『散居のみどり』」の他の記事

MORE

「散村」のタグの記事

MORE

「カイニョ」のタグの記事

MORE

「保存樹林」のタグの記事

MORE