探す 文化財サーチ

関連する電子書籍


  • MORE
 

関連タグのムービー

  • 該当記事がありません

関連タグのフォト

  • MORE

「砺波市ふるさと文化財」の記事

  • 金屋石石管 附.石工道具
  • 金屋石石管 附.石工道具(かないしせっかん つけたり いしくどうぐ)平成29年7月31日 ふるさと文化財登録砺波市栄町砺…
  • 金屋石採掘跡
  • 平成23・1・26登録金屋石材山主会(砺波市庄川町庄字加羅谷)庄川の右岸、合口ダムから小牧発電所対岸寒原(神原とも書く)…
  • 宗半塚
  • 金剛山恩光寺(現 南砺市福野)はもと、庄金剛寺村にありました。その寺跡近くに、土地の人が「宗半塚」と伝えているところがあ…
    • MORE

大嶋家の大杉

2014.11.27

庄川の氾濫域をくぐり抜けてきたスギの古木

大嶋家の大杉

大嶋家の大杉

 大正8年12年かけて改修工事が行われ、現在の富山湾に注ぐ川筋になるまで庄川の川筋は定まりませんでした。そのため大嶋家の大杉は、雄神から高瀬に至る道しるべの役をしていました。

 このスギを中心に数本の樹叢があり、水害をくぐり抜けていたことに目をつけ先祖が居を構えました。代々、言い伝えとして「切ったらあかん」「神が宿る木」と言われてきたそうです。また、戦前カイニョから十数本供木したが、このスギは用材として間に合わないとして残されました。

   
大嶋家の大杉

大嶋家の大杉