知る 歴史にタイムトラベル

 

関連タグのフォト

  • MORE

「砺波のものごと12ヶ月」の記事

  • 徳万(5月〜8月)
  • 田植20日〜月末まで田植えがあった。(朝は5時過ぎから夕方6時まで)8時半ごろのたばこになると、乳のみ子は田植の家まで、…
  • 徳万(1月〜4月)
  • お正月(1月1日)年賀はがきには元旦と書くけど元日及び新年という。昔は「おついたち」と呼んだ。大晦日の12時を過ぎると、…
  • 若林
  •  元旦(1月1日)雑煮(しょうゆで味付け)かぶら寿し昆布巻き黒豆大根と人参とブリ(又はサバ)の酢の物&…
  • MORE

徳万(9月〜12月)

2015.1.29

9月

二百十日(9月1日)
1日仕事を休んだ。子どもは小遣いをもらって1日遊んだ。夜は福岡の厳照寺で行われる盆踊りに行った。





10月・・・特になし

11月

秋まつり(11月3・4日)
秋祭り、昔は10月26日であった。地区に小学校があったので小学生は神社にまいったものである。戸数が60軒ほどあったので、3日4日の2日間かけて獅子をまわした。4日の日をうらまつりと言った。

12月

針せんぼ(12月8日)
針仕事を1日休んだ。昔は、既製の服などなくて針仕事は、女の大事な仕事であったので全家庭で行われたものである。
餅、万頭

討入り(12月14日)
47士の討入
昔は小学校で校長先生が討入の話をされた。
そば

冬至(12月12日頃)
昼が1年で一番短い日だが俗に冬至十日前が一番短いとも言う。かぼちゃをたべると中風にならないといわれている。
かぼちゃ

すす払い(12月25〜28日)
家中の大掃除をする。

もちかち
正月用の餅をつく。

(12月28〜30日)
お鏡、のし餅、あんこの入った丸餅のほか、ついてすぐたべるおろし餅やあずきどりを作る。

おおとし(12月31日)
大掃除の時、できなかった所の片づけや正月用の煮物、天神様などを飾る。お鏡をそなえる所(蔵の戸前、神棚)にそなえ、夜は年越しそばをたべる。
そば・うどん




【のぎくグループ編集 『砺波のものごと12カ月』昭和55年より抜粋】