フォトライブラリ

左から@1448-15_A1448-16_B1448-14_ケビキ(罫引)

左から@1448-15_A1448-16_B1448-14_ケビキ(罫引)

ID:14723

上部がネジになっていて、刃を調整できるようになっている。

@台の高さ14.8cm、最大高5.5cm、刃台の長さ18cm、刃渡り1.5cm、重さ120g。
A台の高さ13.2cm、最大高6cm、刃台の長さ11cm、刃渡り1.5cm、重さ100g。
B台の高さ5.4cm、最大高4.5cm、刃台の長さ9.1cm、刃渡り0.9cm、重さ100g。

※罫引(けびき):木材の表面に必要な距離の平行線を引く道具。筋罫引と割罫引がある。筋罫引は材料に沿って定規台を移動させ、棹先(さおさき)につけられた罫引刃で部材の表面に平行線をつける。割罫引は薄板を挽き割るときに使う。

撮影場所
砺波市中央町
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,諸職 桶屋
ダウンロード