フォトライブラリ

3148_サンプンキ(撒粉機)

3148_サンプンキ(撒粉機)

ID:15045

背負形手動式。戦後、粉剤の改良により急速に出現し、昭和40年代まで盛んに使用した。これでホリドールやパラチオン、DDTなどの農薬が撒布された。片手でレバーを上下して空気を送り、もう片方の手で吐粉管を持って撒布する。
(プレート)「共立 TOKYO JAPAN」

材質・形状
金属製。
寸法
全体の高さ45.5cm、奥行22cm、重さ8.8cm、タンクの高さ20cm、縦18.5cm、幅28cm、ノズルの長さ128cm、口径5cm、ハンドルの長さ77.5cm。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,農林業 肥培・管理
ダウンロード

「T農林業 3肥培・管理」 の他の記事