フォトライブラリ

@298_ラチウチキ・コロガシ(中耕除草機)

@298_ラチウチキ・コロガシ(中耕除草機)

ID:15067

土壌の深い所で、昭和10年〜30年頃まで使用した。

※中耕除草機 ラチウチキまたはコロガシ:田植え後の、根に酸素を補給する中耕と除草のため、一日中田んぼの中でうつむいて泥をかく「田の草取り」や、鍬(くわ)での「ラチウチ」作業は、過酷な重労働であった。この重労働の軽減に役立ったのが回転式の中耕除草機の普及であった。田植えに回転定規が使われるようになり、正条植えが普及した大正年間から昭和45年頃まで、さまざまな形式のものが使われた。鍛冶屋(かじや)が作った「八反取り(はったんどり)」をはじめとして、高野喜太郎によるトナミ農機製作所、大屋鉄工所などで、多くの除草機が造られた。
トナミ郷土資料館には全部で80点の除草機があるが、同じ物は少なく、年とともに改良が加えられてきた様子がわかる。
普通、ラチウチキまたはコロガシと呼ぶ。

撮影場所
砺波市深江
材質・形状
爪先が丸い。二条取り。一つの木製転車軸に幅の広い鉄製打出し爪が24本付く。
寸法
全長144cm、重さ8kg。1枚の爪の幅3.6cm、長さ17cm。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,農林業 肥培・管理
ダウンロード

「T農林業 1耕耘」 の他の記事