フォトライブラリ

236_ボータカチギネ(叩杵)

236_ボータカチギネ(叩杵)

ID:15249

※叩杵(たたきぎね)ボータカチギネ:乾燥させたボータ(扱き落した籾や藁や穂の混ざったもの)を広げ、この杵でつき、穂から籾を脱粒する。打ち底が広く、柄がやや後ろ斜めに付いているのが特徴。
千歯扱きや足踏脱穀機で脱粒していた頃はボータがたくさん出たので、このボータカチ(ボータつき)は家族総出の作業であった。

材質・形状
杉材。
寸法
全長126cm、柄長107cm。槌部は八角柱に近い円柱で長さ39cm、打ち面の直径16.5cm。柄角95°、重さ4.6kg。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,農林業 収穫
ダウンロード 申請

「T農林業 4収穫」 の他の記事