フォトライブラリ

3329_コテ(鏝)

3329_コテ(鏝)

ID:16431

炭火や燠(おき)の中へコテ部を差し込んで熱したものを、着物などの縫い目に当て、縫ったところを伸ばしたり、折り目をつけたりする。

昭和10年頃〜20年代に使用。

撮影場所
利賀村草嶺
寸法
全長36cm、コテ部の長さ10cm、幅4.3cm、重さ360g
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,衣 裁縫
ダウンロード

「X衣 9裁縫」 の他の記事