フォトライブラリ

3106_カメ(甕)

3106_カメ(甕)

ID:17126

※甕:大甕は、流しのそばに置き、水を入れて木の蓋をして溜めておき、柄杓を添えて飲料水や食器などを生活用水にした。また、穀物などの著層にも使われるなど、用途は多かった。

撮影場所
砺波市豊町
材質・形状
陶器。白釉薬(しろゆうやく)。
寸法
上部直径15.7cm、底部直径14cm、高さ21cm、深さ20.5cm。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,食 保存・醸造
ダウンロード

「Y食 3保存・醸造」 の他の記事