フォトライブラリ

3441_ウチカケ(打掛け)

3441_ウチカケ(打掛け)

ID:17192

明治35年に、砺波市神島から当家へ嫁いだ人が着用したもの。

※打掛け:婚礼の時、花嫁が実家から婚家まで着用する上着。絹地に鶴亀などの吉祥模様を、金糸・銀糸で刺繍した豪華なものが多い。裾部には綿を入れてあり、重々しい。

撮影場所
砺波市中村
材質・形状
表地は黒の絹。鶴亀、梅、軍配などの刺繍。裏地は赤い絹。蔦(つた)の五つ紋。
寸法
竹158cm、裄63cm、袖丈64.5cm。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,社会生活 嫁入り
ダウンロード

「\社会生活 2嫁入り」 の他の記事