フォトライブラリ

328_カブカケガマ(株かけ鎌)

328_カブカケガマ(株かけ鎌)

ID:17504

※株かけ鎌:春先の荒起こしに先立ち、前年の稲株を切り割る鎌。稲株をそのままにしておくと、スキやマンガで起こしても稲株の回りに付いた土がこわれにくく、田植えのときに邪魔になるので、あらかじめ割っておく。雪は消えるとまずしなければいけない女と子供の仕事であった。すぐに切れなくなるので作業前に丁寧に研いでから使った。
古くは柄の長い鎌であったが、戦時中から足に結びつけて使う足踏み式のものが普及し、作業の能率がたいへんよくなった。
普通、この作業のことを「カブカケ」といい、使用する鎌のことを「カブカケガマ」という。

寸法
全長76.5cm、刃渡り13cm、刃幅5cm、柄の長さ70cm、重さ360g。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,農林業 耕耘
ダウンロード

「T農林業 1耕耘」 の他の記事