砺波市の文化を、デジタルで楽しむウェブサイト。TONAMI DIGITAL ARCHIVES

地蔵半跏像 2014.11.27
中世を代表する地蔵半跏像の石仏

地蔵半跏像

平成23126登録


祖泉区長(砺波市祖泉)




 祖泉神社の鳥居前に豪華な小堂が2棟あります。向かって左のお堂の中に像が安置されています。

 丸彫りといえるくらいの厚肉彫りで、左手の錫杖が欠落し磨耗も激しいのですが、頭部・胸部・衲衣などの主要部の表現が優れていて丁寧に仕上げています。石質は氷見市薮田石で南北朝期から室町初期の作と思われます。

map

「砺波市ふるさと文化財」の他の記事

MORE

「彫刻」のタグの記事

MORE

「彫刻」のタグの記事

MORE