砺波市の文化を、デジタルで楽しむウェブサイト。TONAMI DIGITAL ARCHIVES

花しょうぶ祭り 2014.6.23
昭和61年から開催されている花しょうぶ祭り

黄色の花しょうぶ

先日、花しょうぶ祭りに行ってきました。


平日なのに、多くの人で賑わっていました!


早速会場内に入ると600品種70万株の花しょうぶが御出迎え。


花しょうぶといえば、紫色や白ですが、
時々、黄色の花しょうぶも咲いていたりして暑さも忘れる涼しげな花しょうぶが咲いていました。

花しょうぶ栽培

会場の方にお聞きしたところ、


花しょうぶは1年を通して栽培管理するそうです。


梅雨時期に開花しますが秋から、冬にかけて葉が枯れていきます。


その際に根が残り、春には芽が出て梅雨時期に開花するそうです。


花しょうぶは、種や球根で増えるのではなく親株が成長していく過程で子株ができそれを株分けして増やしていきます。


しかし、品種を交配するときは、種で交配していくそうです。


さらに交配する際には、A品種雄花×B品種雌花とB品種雄花×A品種雌花では色の付き方も全く違ったりするそうです。


 



花しょうぶは一つの品種が出来上がるまでに15年ほどかかるとか、チューリップのように花の新品種が出来るまでは大変長い月日がかかります。

新しい品種もみれる花しょうぶは

6月20日〜6月29日まで開催中です。













入場も無料なのでぜひ、足を運んでみてください。イマイでした。

所在地
富山県砺波市頼成156 県民公園「頼成の森」

「人」のタグの記事

MORE

「祭り」のタグの記事

MORE

「イベント」のタグの記事

MORE