正倉日記

関連する電子書籍


  • MORE
 

関連タグのムービー

  • 該当記事がありません

関連タグのフォト

  • MORE

過去の日記

  • 【レポート】大門のヨータカ
  • 『ふるさと文化財』の無形民俗文化財には、「ヨータカ」があります。昔ながらのス…
  • 準のなわ塚碑
  • ■準のなわ塚碑・砺波市柳瀬昔、柳瀬村では庄川の洪水などの災害もあり、村高のわ…
  • 福山窯跡
  • ■福山窯跡・砺波市福山この窯は、山の斜面を利用した登り窯で奈良時代から平安時…
  • 東中の六地蔵
  • ■東中の六地蔵・砺波市東中砺波市林地区に地蔵河原といわれる場所がある。室町時…
  • 秋南の十一面観音石仏
  • ■秋南の十一面観音石仏・砺波市秋元小矢部、坪野線、秋元十字路の信号機より東へ…
  • MORE

【ぶらり庄川散歩シリーズ1】

2016.2.18

【2016.02.10Facebook記事より】

※写真は、ポンポン野地内井波瑞泉寺灰塚です。

※写真は、ポンポン野地内井波瑞泉寺灰塚です。


「ポンポン野」


 庄川町から井波町へ続く道沿いに水田が広がっているところを「ポンポン野」といいます。瓜裂清水の眼下に広がる水田地帯のことです。なんとも可愛い響きの地名ですね。
ポンポン野という地名は珍しいですし、その由来が知りたくなったので榎木淳一著『村々のおこりと地名』を紐解きました。
 ポンポン野は「鼓野」とも書くそうです。
 由来については「宝暦14年(1764)の『調書』に、「ぽんぽん野、金屋岩黒村領なり。何故に呼候や知れ申さず。」とあり、『三州奇談』に「砺波郡井波より金屋に出る間をぽんぽん野という。踏み出すに必ず鼓のごとき音すといえり。」とある」とあります。
また、『東山見村史料』には「このところを一つに鼓野ともいわれ、もと川原であった。石などを落すと、ポンポンと鼓のような音を出すので、俗にポンポン野と呼ばれたものである。」と、かなり断定的に書かれています。
 はたして今、石を落してポンポンと鳴るでしょうか。
どうもすっきりしない感じもありますが、今日はこの辺にしておきたいと思います。