正倉日記

  • 五輪塔
    2016.2.25
    【高波に歴史はあるの?】1
      高波地区の墓地や神社の軒下などには、中世の五輪塔の残骸がゴロゴロ転がっています。おそらく室町時代以降のものであると思われます。なくともその頃には、高波には人間の活動があったのです。  12〜13世紀頃、氷見の豪族が移り住んだという伝承も…
  • 出町子供歌舞伎曳山
    2016.2.25
    2月24日【今日は何の日?】
     1994年(平成6)2月24日、出町子供歌舞伎曳山が県無形民俗文化財に指定されました!早いもので、指定から22年がたったのですね。時代は移り変わりますが、子供たちの演技は年々磨かれていっているように思えてなりません。 今年の曳山祭りも4月29・30日に行われ…
  • 2016.2.24
    【雄神地区は歴史の宝庫】 3
      雄神を代表する城郭である壇城(庄城)を紹介しましょう。  壇城は庄川右岸の雄神橋東詰の山中にあったもので、現在も「だん」と呼ばれる広い平坦地です。  この平坦地は標高130m、現在は水田になっています。  城跡は室町時代末から戦国時代の…
  • 長慶天皇伝説
    2016.2.20
    【雄神地区は歴史の宝庫】 2
    さて、昨日の続きです。 西蓮寺の前身である金剛寺は、とある天皇との関連があると言い伝えられています。その天皇とは、第98代の長慶天皇です。  時は南北朝の動乱期。南朝方だった長慶天皇は九州から海路越中に上陸し、南朝方の拠点である壇城の桃井氏を訪ねまし…
  • 金剛寺
    2016.2.19
    【雄神地区は歴史の宝庫】 1
      砺波市内で歴史的な出来事やスポットが多く密集するのは、やっぱり栴檀野?いや、その濃密具合からすると雄神がトップでしょう!  雄神地区は、庄、金剛寺、三谷の3つの地区で構成される庄川右岸のエリアです。その中で金剛寺という集落がありますが、…
  • 大伴家持
    2016.2.18
    2月18日【今日は何の日?】
    【今日は何の日?】 2月18日は、奈良時代の750年(天平勝宝2)大伴家持が墾田地を検察して、礪波郡(となみぐん)主帳(さかん)多治比部北里(たじひべのきたり)の家に泊まった日です。 北里の家は庄川町の雄神あたりか、栴檀野の池原あたりにあったと考えられます。こ…
  • 2016.2.18
    【縄文時代中期前葉のニュータウン】
    【縄文時代中期前葉のニュータウン】   先日、とある俳人の方が「厳照寺遺跡をネタに一句詠みたいので、遺跡について教えて欲しい」と訪ねて来られました。驚くとともに、こういう分野の方にもニーズがあるのだなと思った次第です。   さて、皆さんは砺…
  • 岩黒団地
    2016.2.18
    【ぶらり庄川散歩シリーズ2】
     「岩黒」について 庄川町で「岩黒」といえば、名水で名高い瓜裂清水の背後にある岩黒団地を思いつく人が多いでしょう。 じつは、この岩黒というのはとても古い地名なのです。そもそもの話をすると、元和5年(1619)以前は「かなや」「藤かけわたり」「いわくろ…
  • 大矢四郎兵衛
    2016.2.18
    2月12日【今日は何の日?】
    【今日は何の日?】  今日2月12日は、1895年(明治28)に大矢四郎兵衛が県会議長に就任した日です。  大矢は、安政4年12月19日、砺波郡鷹栖村(現:砺波市鷹栖)に大地主の二男として生まれました。金沢の塾で学んだ後、同志とともに、苦し…
  • 子供歌舞伎のポスター
    2016.2.18
    子供歌舞伎のポスター完成!!
    子供歌舞伎のポスター完成!! ってちょっと早くない!?  いつもは3月終わりごろに出来上がるポスターなのですけど、今年はなんと2月早々に仕上がって、先日届けていただきました。  今年の当番町は中町さん。 まさに中町さんの…