感じる 砺波の躍動する踊り

 

関連タグのフォト

  • MORE

「獅子舞」の記事

  • 木下の獅子舞
  • 祭日:10月最終土曜日場所:神明社団体名:木下獅子方若連中砺波獅子。男獅子。頭の重さは約4.7kg。
  • 油田中村の獅子舞
  • 祭日:10月最終土曜日場所:中村神明宮団体名:中村獅子方保存会砺波獅子。女獅子。頭の重さは約7kg。
  • 五郎丸(上村)の獅子舞
  • 祭日:9月第2土曜日場所:神明社団体名:五郎丸獅子方若連中砺波獅子。起源は天保12年頃。男獅子。頭の重さは約9.6kg。
    • MORE

東保(坊村)の獅子舞

2017.1.27

東保(坊村)

獅子頭

獅子頭

休止中

祭日:10月28日
金蔵獅子(ねんごろ獅子)。
男獅子。
100年前に山田から伝わった。

休止前は東保の獅子と共に親子で舞っていた。

伝承
獅子舞

獅子舞

明治34年(1901)、旧山田村鎌倉(現在の富山市)から獅子舞を習い、この年に胴幕、翌年に衣装を新調する。
〔『砺波市史』資料編5・集落編、1996年より〕

肩車

肩車

舞の種類
キンゾウ・ヘビジシ・カグラジシ・二番バヤシ・トビジシ・キョクジシ・キド・ミヤキド・ヒトヨケ
(『砺波市史』民俗社寺編より)