フォトライブラリ

@545_ミ(箕)

@545_ミ(箕)

ID:15208

箕口はサクラの皮で補強。

※箕(み):稲扱き(いねこき)、籾摺り(もみすり)、精米などの秋の収穫作業全般に広く使用された。時には屑米や籾殻(ネカ)の選別などにも利用された。また、堆肥(たいひ)や肥料を田んぼに撒くなど、さまざまな用途に使用。当地方のものはほとんどが氷見産。藤づた製、竹製などがある。

撮影場所
砺波市三郎丸
材質・形状
藤づた、竹製。
寸法
深さ13cm、口幅58cm、奥行54cm、重さ1.4kg。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,農林業 収穫
ダウンロード 申請

「T農林業 4収穫」 の他の記事