フォトライブラリ

g@250A2243B273C1647_ミソツキボー(味噌突棒)

左からg@250A2243B273C1647_ミソツキボー(味噌突棒)

ID:17135

大きな桶に味噌を仕込んでから、しばらくの間、これで突いて撹拌(かくはん)する。昭和30年代まで使用。

撮影場所
A射水市大門町棚田 C砺波市中神
材質・形状
すべて撹拌部は木製楕円形で、柄は竹製。
寸法
@撹拌部は縦15cm、横8.7cm、厚さ3.5cm、柄の長さ120cm。A撹拌部は縦12cm、横7.5cm、厚さ3.6cm、柄の長さ90.4cm。B撹拌部は縦12.5cm、横7.5cm、厚さ2.5cm、柄の長さ73.5cm。C撹拌部は縦12.5cm、横9.5cm、厚さ1cm、柄の長さ44.8cm。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,食 保存・醸造
ダウンロード

「Y食 3保存・醸造」 の他の記事