探す 文化財サーチ

 

関連タグのフォト

  • MORE

「建造物」の記事

  • 入道家住宅
  • 入道家住宅(にゅうどうけじゅうたく)平成10年2月25日・県指定砺波市太田※ 個人所有の住宅であるため、見学を…
  • 旧中越銀行本店
  • 旧中越銀行本店 附.旧中越銀行本店設計図   (きゅうちゅうえつぎんこうほんてん)昭和57年12月8日・市指定砺波市花園…
  • 千光寺山門
  • 千光寺山門 附.山門棟札一枚、山門棟上一巻覚帳一冊(せんこうじさんもん つけたりさんもんむなふだいちまい、さんもんむねあ…
    • MORE

千光寺観音堂

2013.3.9

井波大工の心意気で出来ています

千光寺観音堂

千光寺観音堂

千光寺観音堂(せんこうじかんのんどう)

昭和50年6月6日・市指定
砺波市芹谷

 千光寺は大宝3年(703)天 竺(てんじく)(インド)の僧法道(ほうどう)上人の開基と伝える古刹(こさつ)で、はじめ三論(さんろん)宗に属していましたが、後に真言宗に改められ ました。戦国時代には上杉謙信が戦勝祈願をし、江戸時代には加賀藩の保護を受けたと伝えられています。

 戦国争乱の折、堂宇を焼かれ、その後再建さ れた建物も元和4年(1618)の火事で焼失、江戸時代の中期に至って順次再興、すなわち、宝暦元年(1751)に本堂と庫裏、同10年(1760)に観 音堂、寛政9年(1797)に山門が建てられました。しかし、観音堂は当初間口は3間と小さかったので文政2年(1819)に再建され、9月24日に立柱 しました。

 観音堂は本尊の銅造観世音菩薩(県指定文化財)を安置する建物で、棟梁は井波大工の二代目松井角平恒徳。内陣の須弥壇(しゅみだん) (仏像や厨子を安置する壇)は文政7年(1824)、三代松井角平恒久によって造られ、さらに屋根の小屋組は慶応2年(1866)、四代松井角平恒廣に よって改められました。(「本堂造立普請中大工木挽屋根方并諸入用等払方留記」)

雄大な歴史の重み
観音堂のとなりにある閻魔堂

観音堂のとなりにある閻魔堂

間口5間(11.8m)、奥行5間(14.25m)の大建築 で、入母屋妻入り(いりもやつまいり)の大屋根と、後方内陣部分に5間3間の入母屋平入りの重屋根をのせ、前側に1間の唐破風(からはふ)の向拝(こうは い)(参詣人が礼拝する所)をつけ、軒の出も深く、雄大な歴史の重みを感じさせてくれます。材料は総欅造り、屋根はコケラ葺きでしたが、昭和53年に銅版 葺きに改められました。

 建具は桟唐戸や蔀戸及び連子窓などが並び、向拝には迫力ある龍の欄間や竹に虎の彫刻が施され、室内の欄間には様々な姿の見事な唐獅子彫刻と素晴らしい観音堂です。

所在地
〒939-1416
 富山県砺波市芹谷1111
アクセス
砺波ICから車で20分

お問い合わせ

千光寺
TEL: 0763-37-0072