フォトライブラリ

1250_コメツキワッカ・コメカチワ(米搗輪)

1250_左から@Aコメツキワッカ・コメカチワ(米搗輪)

ID:15375

※米搗輪(こめつきわ)コメツキワッカ・コメカチワ:米を搗くとき臼の中へ入れ、米が外へ飛び散るのを防ぐ。あわせて米を還流(かんりゅう)させる役目もある。米の精白度により、輪の高さを変えて使用するため、色々な大きさがある。明治期〜昭和初年にかけて使用。

撮影場所
砺波市小島
材質・形状
ネゴ(藁の芯)縄。
寸法
高さはともに3.5cm、重さはともに120g。輪の直径@31cm×27cm。A26cm×26cm。
関連タグ
市指定文化財,有形民俗文化財,農林業 収穫
ダウンロード

「T農林業 4収穫」 の他の記事