出町周辺エリア

  • 出町子供歌舞伎曳山
    2013.10.22
    出町子供歌舞伎曳山
    出町子供歌舞伎曳山(でまちこどもかぶきひきやま)平成6年2月24日・県指定砺波市本町 砺波市の前身「出町」の曳山は、毎年4月29日、30日の両日、出町神明宮の春の祭礼に曳き出され、華やかな曳山の上で子供たちが豪華な歌舞伎を披露します。 芸題(げだい)(歌舞伎や浄瑠璃の正式な題目)…
  • 2013.6.3
    柳瀬比賣神社の石造物について
    先日、柳瀬比賣神社の改築工事中に中世の石造物が発見されました。
  • 木造阿弥陀如来立像
    2013.5.22
    木造阿弥陀如来立像
    木造阿弥陀如来立像(もくぞうあみだにょらいりつぞう)昭和25年8月29日・国指定砺波市大窪<ご開帳日> 毎年8月1日〜3日 砺波市大窪の常福寺に安置され、鎌倉時代初期のすぐれた阿弥陀仏で運慶の子である湛慶の作といわれています。 檜の寄木造りで高さ78cm、顔面はやや面長く、肩の張…
  • 十村安藤家の多門
    2013.5.22
    十村安藤家の多門
    この地方の民家の多門としてはもっとも古い門です。安藤家は砺波郡宮丸村に住し、初代次郎左衛門の寛永12年(1635)から10代次郎四郎の明治4年(1871)まで、236年間にわたって砺波郡の十村役を勤めました。その間、改作法の始まった承応2年(1653)から幕末まで、無組御扶持人十…
  • 五ケ種チョンガレ踊り
    2013.4.7
    五ケ種チョンガレ踊り
    五ヶ種チョンガレ踊り(ごかだねちょんがれおどり)  昭和62年3月30日・市指定 砺波市庄川町五ヶ   チョンガレの由来は、念仏聖の願人坊主が鉦をたたき諸国を歩いた音曲ともいわれていますが、「ちょろける」「ちょうける」から来ている…
  • 太田金比羅社祭礼幟
    2013.4.7
    太田金比羅社祭礼幟
    太田金比羅社祭礼幟(おおたこんぴらしゃさいれいのぼり)  昭和57年12月8日・市指定 砺波市花園町(砺波郷土資料館)   太田金比羅社は、水難防護のため、天保13年(1842)現地に祀られました。伊勢神宮と金比羅社の両社を祀り、…
  • 2013.4.7
    砺波の民具
    砺波の民具(となみのみんぐ)平成19年6月22日・市指定砺波市花園町 砺波郷土資料館所蔵の民具は、昭和42年に、当時の砺波市立太田小学校PTAが中心となり集められたものにはじまります。その後、昭和52年には婦人ボランティアのぎくグループが仕事着を中心とした衣類を収集し、昭和58年…
  • 中越弁慶号(通称)
    2013.4.7
    中越弁慶号(通称)
    中越弁慶号(通称)(ちゅうえつべんけいごう)  平成9年11月4日・市指定 砺波市花園町(チューリップ公園内)   チューリップ公園内にある「中越弁慶号」はナスミス・ウィルソン株式会社(イギリス)の明治29年(1896)製機関車で…
  • 福山須恵器窯跡出土品
    2013.4.7
    福山須恵器窯跡出土品
    福山須恵器窯跡出土品(ふくやますえきかまあとしゅつどひん)  昭和43年7月24日・市指定 砺波市花園町(砺波郷土資料館)   砺波市福山の通称「徳万赤坂」地内の須恵器窯跡出土品のうち、瓦塔(がとう)4点(水煙(すいえん)部1、屋…
  • 木造勢至菩薩坐像
    2013.4.7
    木造勢至菩薩坐像
    木造勢至菩薩坐像(もくぞうせいしぼさつざぞう)  昭和40年7月24日・市指定 砺波市苗加   木造勢至菩薩坐像は、木造寄木(よせぎ)づくりで仏体の高さ28cm、須弥壇(しゅみだん)(仏像や厨子を安置する壇)の高さ30cm。舟形光…